低金利のキャッシング業者をランキングで見てみよう!

低金利のキャッシング業者をランキングで見てみると

お金に困った時にはキャッシング・サービスをフル活用して急場を凌ぐことは、金欠対策としては間違いなく有効な方法の一つだと言えます。しかし業者からお金を借りる時には、どうしても金利による利息の支払い負担が気になってしまうものです。

 

それゆえ利用者は皆、一生懸命に低金利のサービスを探し回り、可能な限りは利息の負担を小さくしようと頑張るのです。ただし低金利で利息の負担を小さくして借り入れを行うためには、幾つかの注意点があります。

 

低金利キャッシング業者ランキング

できるだけ金利の低いキャッシング業者を探そうと思ってインターネットで検索すると、比較的簡単に色々な業者がヒットしてくれます。そんな時には検索キーワードを「低金利キャッシング業者ランキング」などにすると、いかにも役に立ちそうなランキングが出て来てくれたりもするものです。そんなランキング上位の業者の金利を調べてみると、確かに他社より低金利で魅力的に感じるものです。

 

しかし全てのキャッシング業者には必ず審査がありますので、その審査に通らないことにはお金は貸してもらえません。しかも業者の審査というものは、金利が低いところほど難易度が高い傾向にあるのです。ですからランキング上位の魅力的な業者ほど、申し込んでも審査に通らない危険が高いと考えて間違いありません。ゆえに自分の属性の高さに自信が無い人ほど、審査には要注意なのです。

 

ちなみに「審査の難易度が低いキャッシング業者ランキング」というようなキーワードで検索してみると、ランキングの上位にノミネートされる業者はどれも皆、金利は比較的高めに設定されている業者ばかりです。ですから低金利のキャッシング業者を探す際には、審査の難易度との兼ね合いのことも考慮しなければならないのです。とにかく属性が低い人ほど、この点には気を付けましょう。

 

それから金利で気を付けなければならないことは、下限金利と上限金利の違いについてです。たとえば業者の金利表示を見ると、「金利は実質年率4.5%から14.5%まで」のように、下限から上限まで幅を持たせて明記されているはずです。上記の場合は4.5%が下限金利で14.5%が上限金利なのです。

 

どうして幅を持たせているのかというと、借り入れ金額によって適用される金利が違ってくるからです。有利な下限金利が適用されるのは限度額全額借りるような時だけであり、少額の借り入れほど上限金利が適用されますので注意しましょう。

 

ただし限度額全額借りるのは、決して簡単ではありません。なぜなら具体的に何円の借り入れができるのかは、審査結果次第だからです。ですから100万円の借り入れ金額を希望して申し込んでも、審査の結果、50万円とか30万円などの金額しか認められないこともザラにあるのです。

 

ランニングコストを踏まえて

ところで低金利キャッシングの魅力とは、毎月のリボルビング返済などで長期間にわたって返し続ける場合ほど実感するものです。ですから、たとえば50万円のお金を借りて毎月1万円ずつ何年もかけて返済する場合などに強く実感するのです。

 

逆に言うと、50万円借りても翌月一括返済するような場合なら、少しくらい低金利でも高金利でも、利用者としては特に何も感じないものなのです。なぜなら翌月一括返済なら、利息は30日分に過ぎないからです。

 

 

分かりやすく一例を挙げてみますと、

50万円を年率18%で借りて30日後に返す時の利息の計算式は、「50万円×18%÷365日×30日=利息」となります。これを計算すると利息は約7397円です。

 

ところが50万円を同じ金利で1年後に返す場合は、単純計算ですが、「50万円×18%÷365日×365日=利息」となります。この場合の利息は9万円にもなってしまうのです。もしも2年後に返済なら18万円、3年後なら27万円もの利息を支払わなければならない計算となるのです。

 

 

もちろん実際のリボルビング返済の計算はもっと複雑になりますので、上記の計算はあくまでも大雑把な目安に過ぎません。しかし返済が長期間になればなるほど利息の支払い総額が増大してしまうという基本的な仕組みは、大雑把な計算式でも十分に理解することができるでしょう。

 

とにかくキャッシングで借りるお金というものは、完済するまでの期間が長くなればなるほど、利息の支払い負担は重くのしかかってくるものなのです。ですから低金利のキャッシングを考える場合は、返済期間の長さについても十分に考えておくべきです。つまり返済期間が長くなりそうな場合ほど、少しでも低金利のキャッシングを探すべきだということです。

 

また、キャッシングは低金利だけに気を奪われてはいけません。ランニングコストについても考えておくべきです。たとえばATMの手数料などは、キャッシング利用におけるランニングコストと考えられます。そんなコストの節約もまた、利息の支払い負担の節約と同じように大切な節約なのです。ですからATM手数料無料の業者を選んだり時間外手数料などがかからないように、可能な限り努力すべきだということも忘れないようにしましょう。

キャッシングで即日借りれるランキング