約束手形の振出人と受取人の双方のメリット・デメリット

MENU

約束手形の振出人と受取人の双方のメリット・デメリット

約束手形は振出人が受取人に対して発行する有価証券の一種ですが、基本的な内容や特徴などについてはあまり詳しくなく、どのように使えば良いのか分からないという人も多くいます。利用するうえでは注意点もあるので、手形について全くの初心者でも安心して利用できるよう、振出人と受取人双方の立場から特徴やメリット、デメリットを知っておくことが大切です。

 

手形というものの基本を一通り理解するためにも、これから説明する内容に目を通しておくと役立ちます。

 

「ある資格や権利を証明する文書」

そもそも手形とは、資格や権利を第三者に対して証明する正式な文書のことを指します。これに従えば郵便局で売っている切手も手形の一つであり、他にも様々な種類があります。ビジネスシーンでよく利用されるのが約束手形であり、これは将来の決まった期日に支払いを行うことを約束した文書という意味になります。

 

約束手形は、一般的に商品やサービスなどの支払いを後日に延期してもらうための手段として用いられ、利用するためにはまず取引のある銀行で当座預金の口座を開設しなければなりません。当座預金の口座は、手形や小切手などの有価証券を決済することが可能な口座で、一般の人が誰でも自由に持つことはできません。

 

開設するには銀行の審査をクリアしなければならず、普通預金口座の利用状況や会社の実績、信用度などを審査されることになります。約束手形を振り出す側の会社や個人を振出人、反対に手形を受け取る側を受取人と呼びます。一般的には、それぞれの会社の代表取締役が振出人と受取人に設定されます。

 

振出人と受取人のメリット

約束手形を利用するメリットとしては、振出人の場合事実上支払いを先延ばしすることと、先延ばししても利息が付かないという2点が挙げられます。受取人の同意が必要にはなりますが、延期を口約束するより承諾してくれる可能性が高まります。支払いのために現金で融資を受けた場合、返済まで利息が発生します。約束手形であれば現金を借りる訳ではないので、利息の心配もありません。

 

受取人の場合は、約束手形を利用することで手形割引が適用され、支払期日が来ていなくても金融機関で現金に換えてもらうことができます。その際は手数料や利息が差し引かれた金額を受け取るので、至急資金調達が必要になった場合に役立ちます。ただ、信用力の低い会社の約束手形は換金を断られることもあるので注意が必要です。

 

この他、支払いを延期しても正式な文書を交わすことで、口約束より確実性を高めることができます。さらに振出人との取引や交渉において優位に立ちやすいなど、受取人にとっても様々なメリットがあります。

 

約束手形にはこわーいデメリットがある

約束手形のデメリットとしては、振出人の場合信用を失いやすいという点が挙げられます。支払期日までに資金を準備できなかった場合、受取人から手形を回収して新たに振り出し、さらに支払いの延期を依頼することもあるのですが、当然このようなことを行えば信用はガタ落ちになります。

 

当座預金口座の残高不足などで手形の換金が出来なかった場合は不渡りとなり、倒産の可能性もある最悪な事態になってしまいます。銀行の取引も停止されたり社会的信用も失墜するだけでなく、不渡りを出した振出人の氏名や生年月日といった個人情報が情報機関に記録されてしまうことになります。この他にも手形の安心感から過剰仕入れをしてしまったり、取引相手との交渉で不利になってしまうなどのデメリットが考えられます。

 

受取人のデメリットとしては、やはり回収できないリスクを負うということが一番です。不渡りになるリスクや銀行に手形割引を拒否されるリスク、支払期日をうっかり忘れて換金期間を過ぎてしまい、銀行では換金できなくなるリスクなどが挙げられます。

 

手形振り出し前に注意すべきポイント

約束手形を振り出す場合、いくつか注意しておくべきポイントもあります。まず第一に注意しておきたいのが、支払期日です。不渡りや更なる支払い延期を出さないように、約束手形を振り出す場合は本当に期日までに支払いが可能かどうかを検討しなければなりません。

 

売上や仕入れの管理を徹底し、お金の流れなどスケジュール管理を確実にして、間違いなく支払期日までに支払いが可能だと判断した場合にのみ利用するようにしましょう。また、約束手形に記入する金額についても注意が必要です。一般的にはアラビア数字や簡易的な漢数字がよく利用されていますが、約束手形の場合は法令に基づいた大字漢数字を記入する必要があります。

 

例えば、一や1は使えず、その場合は壱と記入しなければならないのです。アラビア数字や漢数字は後から簡単に改変されてしまうため、間違いが無いように大字の漢数字が利用されています。さらに、約束手形には控えが用意されているので、こちらも振り出すものと全く同じ内容になっているかよく確認しておくことが大切です。

 

受け取り前に注意すべきポイント

約束手形の受取人も、ただ受け取るだけでなく注意しておきたい点があります。まずは金額や支払期日が間違いなく記入されているか、手書きの場合は改変されたような跡が無いかをよく確認しましょう。もしアラビア数字などが使われていれば、念のため大字漢数字で再発行してもらうように依頼しておきましょう。

 

支払期日までが長すぎる場合は支払いに不安が感じられるケースもあるので、受け取るかどうか再検討したほうが無難です。発行者印についても、印影が薄いなど不備があれば銀行で換金してもらえないこともあるので、しっかり鮮明に押印されているかチェックします。

 

もし振出人が他の会社から振り出された約束手形を支払い用として回そうとした場合、その手形は回し手形と呼ばれます。その際、受取人は裏面に署名捺印するのですが、受取人欄の名前と裏面の署名捺印が一致しているかをよく確認しましょう。もし相違していれば回し手形として利用することはできないので、注意が必要です。

 

「融通手形」の罠に気を付けて!

親しい関係にある会社が、お互いに同額で同期日の約束手形を振り出すことがあります。実際には商品などの取引が無いにも関わらずこのように振り出されるものを融通手形と言うのですが、一見意味がなさそうな行為にも目的があります。それはずばり手形割引で、記載された支払期日前に手形を銀行に持ち込み、換金してもらうのです。

 

換金には事前審査があるので100%換金してもらえるわけではありませんし、期日前なので満額を受け取ることは不可能ですが、すぐに資金を調達できるというメリットがあります。親しくしている取引先から話を持ち掛けられることもありますが、実は深く考えずに応じてしまうと大変な目に合うこともあります。

 

この方法は、結局は資金繰りが厳しい会社が何とかして資金調達しようとして行われます。倒産したり不渡りになる可能性もあるので、その場合は受取人側も多大な損害を被ってしまいます。金額によっては経営を圧迫してしまうこともあるので、万が一を考えて融通手形には応じないようにしましょう。

 

まとめ

このように、約束手形にはその仕組みを始めとして様々なメリットや特徴、注意点があります。正しく利用すれば振出人と受取人、どちらもメリットを得られる支払方法なのですが、そのためには支払期日に間違いなく支払いや換金ができることが大前提となります。万が一不渡りを出してしまえば、振出人だけでなく支払いの延期に応じてくれた受取人にまで大きな迷惑をかけてしまいます。

 

最悪の場合、損害が大きすぎてどちらも倒産してしまうというリスクがあることを忘れず、約束手形のメリットやデメリットと合わせてしっかり理解しておく必要があります。

 

最近では約束手形を悪用した詐欺なども横行しているので、少しでも怪しいと感じた会社からは手形を受け付けないようにした方が賢明です。判断に困った場合は、銀行に手形割引の依頼をしてみましょう。もし銀行の審査で手形割引が断られた場合、信用力や実績に問題ある会社である可能性が高いので、注意する必要があります。


×