「消費者金融のバックにヤクザがいる」ホント?ウソ?

MENU

「消費者金融のバックにヤクザがいる」ホント?ウソ?

キャッシングやカードローンを利用する方法として、消費者金融を利用される人は多いです。多くの人が利用しているので安心だと思いつつも、借りたら最後、ヤクザが常に取り立てにくるのではないかと不安に思う人も少なからずいるはずです。

 

しかし、今では昔のサラ金というイメージを消費者金融に持つ必要はありません。不当な金利を課したり、無理な取り立てをすることは法律で禁止されています。消費者金融の収入源は、金利収入です。利用してくれる消費者がいなければ、事業が成り立たないのです。

 

暴力的に取り立てるということはない

テレビなどで、借金をした人が、ヤクザに追い詰められていくシーンを見たことがある人もいるはずです。ご自身へのプレッシャーだけではなく、家族や親族にも、時には暴力的な取り立てをするのです。また、会社まで取り立てに来るような悪質なヤクザもいます。

 

消費者金融と言いますと、サラ金、ヤミ金などのイメージが強いのですが、法律に触れるような悪質な取り立てをすることはありません。言葉の暴力も含め、身体的な苦痛を伴うような取り立ては一切認められていません。

 

しかし、消費者側に悪質な人がいることも事実です。借金をしても返済する必要などない、踏み倒してしまえば良いと考えている人もいるのです。そのような際には、強制的に返済をしてもらうように促さなければなりません。

 

でも、安心してください。

 

返済の督促をする人は、消費者金融会社の従業員です。あらゆる消費者に対応できるよう、ある程度高圧的にならなければならない時もありますが、暴力をふるったり、精神的に追い詰めるような対応をとられることはないです。もし、法を犯すような取り立てをすれば、最終的には消費者が自殺をしてしまったりすることもあり、結局、貸したお金を回収できない状態になるのです。

 

消費者は、暴力的な取り立てを意識するよりも、しっかり返済できなければ、高い返済遅延利息を課されること、そして返済ができなければ、信用情報機関という組織に金融事故として登録されてしまい、住宅ローンなど本当にお金が必要な時にお金が借りることができなくなることを常に意識すべきです。

 

消費者金融が大事にしているのは「イメージ」

消費者金融にとっては、かつてのサラ金というイメージを払拭しなければなりません。多くの消費者金融業者が、テレビCMなどで、さわやかなイメージのタレントなどを採用しているのも、イメージ作りの一環です。ヤクザが取り立てにくるような会社だというイメージを持たれますと、当然、利用者が減り、自社の収入を得る糧がなくなってしまいます。

 

申し込み時に対応してくれる担当者などの教育もしっかりされており、乱暴な言葉を控え、謙虚で、丁寧にするという接客をすることが徹底されています。店舗での接遇も同様です。派手な格好をすることは禁じられていますし、マニキュアをすることや、アクセサリーなどをつけることも禁止されています。

 

消費者金融が大切にしているのは、消費者が利用しやすい入口を作ることが大切なことなのです。利用者を増やさなければ、金利収入を得ることもできないのですから当然のことです。

 

今では、メガバンクのほとんどが貸金業をしている状態です。銀行と聞けば、安心できるのが消費者心理です。消費者金融は、消費者への接客態度にしっかり配慮しなければ、全て銀行のキャッシングにお客を奪われてしまうことになります。

 

最初にキャッシングを利用する人にとって、電話対応してくれる担当者の話し方などが丁寧でなければ、申し込みを躊躇することになります。ヤクザのような話し方をする人は消費者金融業者にとっては、不用な人なのです。ただし、返済遅延などを度々起こしますと、ヤクザではないですが、ある程度、高圧的な担当者が現れることはあります。しかし、それは消費者の責任ですから仕方のないことです。

 

悪いイメージにつながる行為はしない

接客業において、消費者のイメージに重要な影響を与えるのは従業員の接客対応です。申し込みの際に丁寧にしっかり説明できるような人でなければ、消費者が申込みをしようとは思わないのです。取り立てをするのがヤクザだと思われるようでは、新規の顧客を獲得することはできません。

 

消費者金融は、サラ金、ヤミ金というイメージが未だに強いですから、悪いイメージにつながるようなことは絶対にしないように教育されています。ヤクザが常に取り立てにくるなど、精神的な苦痛を味わった人は、ネットの口コミで投稿する時代です。もし、取り立てがヤクザだと言う口コミが拡散してしまったら、その消費者金融業者は、廃業に追い込まれることになります。

 

しかし、消費者によって捉え方は異なります。消費者金融業者の担当者の対応を勝手にヤクザのようだと感じる人もいるのです。ヤミ金を除けば、ヤクザの取り立ては絶対にありません。消費者自身に落ち度がある場合に、ヤクザのような対応を強いられたと勝手に判断しているのです。

 

ヤクザも資金源として消費者金融業者の金利を目当てにしているわけではないのです。ヤクザも賢いので、無理な取り立てなどをしますと、組の廃業につながることをよく理解していると思うと良いでしょう。

 

ご自身の収入だけでは、急にまとまったお金を用立てることはできません。そんな際にキャッシングを利用する方もいますが、どの業者も基本的には、紳士的な対応をしてくれますので、金利や返済方法、あらゆるサービス内容を比較して、ご自身に合った業者を見つけるとよいでしょう。


×