「闇バイト」の落とし穴に気を付けろ!闇バイトの見抜き方

MENU

闇バイトの見抜き方

耳にする機会が増えている闇バイトは、違法性が疑われるアルバイトの総称で、その求人情報には注意が必要です。

 

闇バイト、という言葉を耳にしたことがない人は、一体なにが闇で、どういった意味があるのか分からないと考えられます。時に、無理な労働環境で働かされる、ブラックバイトと混同されがちですが、闇バイトの意味を良く理解して、甘い言葉やリスクの高い求人情報に引っかからないことが大切です。

 

闇バイトの実態を知らなくても、安易に関われば逮捕される恐れがありますから、落とし穴に気を付けたり、見抜き方を身につける必要があります。

 

闇バイトの3つの特徴

闇バイトには、犯罪に関する加担率の高い違法性、情報に出合う確率が低い希少性、そして一見すると魅力的な、高額報酬の特徴があります。

 

一つ目の違法性とは、紛れもなく闇バイトの代表的な特徴で、裏では犯罪に関わっている可能性が高いこと、これが闇バイトの問題点です。

 

希少性とは、一般的な求人誌には情報が載らず、SNS等のインターネットサービスを通じて、限定的に求人されることが挙げられます。

 

紹介がなければ、面接すら受けられないケースもあるので、闇バイトに出合う確率は低いという事が窺い知れます。しかし、一転闇バイトの募集に接触すると、今度は高額報酬が提示されるケースが少なくありません。1日あたり1万円以上、簡単な業務でも1回数万円等、通常のアルバイトでは考えられない報酬額も、闇バイトならではの特徴の一つです。

 

代表的な闇バイト4つ

良く知られる闇バイトは、主に4つ挙げることが出来ます。

 

パチンコの打ち子は、所謂サクラの一種で、お店を人気店に見せるのが仕事です。打ち子には、出玉が良く出る印象を与える役割があるので、パチンコ店からは玉が出やすい、特別な設定が施された台が用意され、その特別な台に関わることで処罰の対象となります。

 

もう一つの闇バイトは、出会い系サイトのサクラで、会員の参加継続を促し、お金を使わせるように仕向けることが問題です。有料の出会い系は、純粋な出会いを提供すると謳っている場合、サクラを会員の一人であるかのように見せ、必要以上にお金を使わせる点に違法性の疑いがあります。

 

3番目は口座の売買で、どのような相手であっても、口座ごと売却してしまうのは違法です。1口座数万円と、魅力的な金額で取り引きされますが、闇バイトと称して仕事に見せ掛けても、現在では口座売買そのものが禁止されています。

 

最後の出し子は、お金を口座から引き出す仕事ですが、安請け合いで闇バイトを引き受けると、高額な罰金や懲役を受ける可能性があります。

 

サクラとしてパチンコやパチスロをする仕事

パチンコやパチスロのサクラは、出玉が出やすく設定されている、台を使用することが闇バイトの業務です。ところが、台の出玉を不当に調整するのは違法なので、闇バイトに携わる打ち子だけが打つとしても、不正が発覚すると問題は大きくなります。

 

パチンコ店側や、求人情報等では、指定された日時に特定の台で、パチンコあるいはパチスロを打ち続けて下さいと、このように指示されるでしょう。1日で出た出玉は、パチンコ店の所有物ですから、これは報酬として受け取ることは出来ません。

 

仮に、闇バイト自体の報酬を受け取らなくても、調節された台の存在が問題化しますから、関わらないことが何より、逮捕や処罰が避けられる唯一の方法です。闇バイトの求人では、ただ指定した台で打つだけですよと、いかにも簡単に稼げるかのような求人情報を出すものです。

 

闇サイトにはリスクがあると理解することで、落とし穴に落ちる恐れを減らすことが出来ます。求人情報の中には、募集自体が詐欺目的で、指定した金額を振り込んで下さいという、明らかに怪しいものもあります。

 

出会い系のサクラ

多くの出会い系サイトでは、サービスで使える、有料のポイントを取り扱っていることがあります。出会い系のサクラの闇バイトは、特定のキャラクター、例えば恋愛に興味を持つ学生や、恋愛から離れているOL、結婚生活が上手くいっていない、主婦等を演じるように求められます。

 

それ自体は、何の問題もないように思われますが、そこに金銭のやり取りが発生したり、有料ポイントの消費があれば、詐欺の共犯として逮捕される確率が高まるでしょう。

 

出会い系には、自宅で手軽に行える在宅型と、勤め先に勤務する通勤型の二種類があります。どちらにしても、メールを送受信させると1通数十円、チャットだと1分あたり、10円前後の有料ポイント消費が発生するので、出会い系のサクラは詐欺まがいの闇バイトとされています。

 

募集情報には、パソコンを使った単純な作業や、初心者でも簡単といった文言が並ぶので、時給が良く仕事の詳細が分からない求人には警戒が不可欠です。お金に相当する、有料ポイントを故意に消費させる点が問題視され、過去には逮捕者が出ています。

 

自分の口座を売る

所有する銀行口座を売ったり、要求されて新規に開設し、それを相手に売却するのは、明らかに違法性のある闇バイトです。

 

お金で売買される口座は、組織犯罪や裏取引に使われる可能性があるので、現在では口座の売買そのものが禁止されています。従来であれば、1口座の売却が数万円の報酬になったので、特にお金が必要な人達にとって、旨味のある人気の闇バイトだったといえます。

 

闇バイトでは、売買が発覚する恐れはなく、万が一バレたとしても、落としたキャッシュカードが不正に使われたと言えば、罪に問われる心配はないと説明されることが一般的でした。実際は、口座の名義人が警察の捜査対象になりますし、何も知らないと白を切ったり、口座の管理責任を逃れるのは困難です。

 

罪が認められたり、処罰されれば桁違いの罰金が科せられるので、割に合わない闇バイトのリスクや報酬であることが分かります。

 

振り込んだお金を引き出しに行く

口座に振り込まれたお金を引き出す闇バイトは、出し子と呼ばれる役割のある仕事で、詐欺の末端で雇われることがあります。出し子は組織の末端なので、お金の出処や引き出す目的に関しては、詳しく説明されることなく利用されます。それでも、刑法上は犯罪に加担したと看做されるので、窃盗罪で逮捕されたり、罰金や懲役が言い渡される恐れは十分です。

 

口座からお金を引き出すだけでも、何らかの詐欺に巻き込まれる余地はあるので、求人情報の発行元には目を通し、闇バイトではないか見極めることが肝心です。1回の引き出し額が数十万円単位で、それが日に数回、あるいは数日間に頻繁に任せられれば、闇バイトの疑いを強めることが出来ます。

 

ただ、1回数万円程度の引き出しでも、闇バイトや裏に犯罪が潜む疑いはありますから、金額の大小に惑わされず、安全性を確認してから仕事を引き受ける点が重要です。

 

闇バイトは立派な犯罪です

闇バイトというと、アルバイトの言葉に引きずられる形で、問われる責任や罪は小さいと思い込みがちです。近年は、詐欺に関わる犯罪が増えたり、組織犯罪化が進んでいるので、闇バイトのような末端でも、罰金や懲役が重くなっています。闇バイトは明らかに犯罪ですし、組織の一員に数えられますから、上手い話には疑いを持ち、関わる切っ掛けを遠ざけることが基本です。一度でも関わってしまうと、闇バイトは犯罪に利用されやすくなり、繰り返し加担してしまうことがあり得ます。

 

闇バイトの役割が、結果にどのような影響を与えるか分からなくても、被害者が発生すると、闇バイトは加害者の一人に認定されてしまいます。お金が必要であったり、簡単に大金が欲しい場合でも、上手い話には裏があると考え、報酬が充実する理由を突き止めることが必要です。犯罪に関わらない為にはまず、闇バイトの募集を見極めたり、甘い言葉から離れる心構えが鉄則となります。

 

まとめ

安易な闇バイトは、報酬に見合わない罰金が言い渡されたり、将来設計に狂いを生じさせる、懲役刑の発生に結び付きます。お金が欲しいのであれば、やはりリスクの高い闇バイトよりも、安全性重視で地道に稼ぐ方に将来性があります。

 

アルバイト収入でも、闇バイトではなく正規のバイトなら、消費者金融からの融資であったり、お金に関する信用を積み重ねることが出来ます。融資金は、本人のお金にはならなくても、借りるチャンス自体が得られますし、何よりも犯罪に繋がる懸念が一切なので、安心してお金を手にすることが可能となります。

 

闇バイトに加担したり、後から闇バイトの恐れに気が付けば、夜どころか昼間も、安心して眠るのは難しくなるでしょう。まとまったお金が必要な時でも、報酬だけの甘い話には乗らず、相手を見て信用出来るか判断することが、犯罪を遠ざけたり加担を避けるコツです。


×